映画『アベンジャーズ エンドゲーム』レビュー

米国ドキュメンタリー映画史上最大の問題作「ウインター・ソルジャー ベトナム帰還

登場人物それぞれの喪失感と観客がシンクロする。

これはエンターテインメント作品?

世界中の観客をマーケットにしている堂々たるエンタメ作品でした。

今更言うまでもありませんね。

米国ドキュメンタリー映画史上最大の問題作(といわれる)「ウィンターソルジャーベトナム帰還兵の告白」は有名な作品。

「キャプテンアメリカウィンターソルジャー」⁈

何をやろうとしてるんだ?

この作品が無ければ、アベンジャーズのシリーズは見てなかっただろう。

勧善懲悪の娯楽大作ハリウッド映画と、アメリカンニューシネマは、90年代までは内容もマーケットも別のカテゴリーだった(例外もある)。

それが、いつのまにか、やはり911以降か、内容もマーケットも合体してる、、、と「パシフィック・リム」(パシは合体反動の作品で自分探しはエンタメ作品には不要!の再狼煙的作品)時に書いた。

葛藤、喪失、メッセージなんて娯楽作品には要りません、という意見もある。

しかしそれだけでは興行収入があがらない。

反対に葛藤を前面に押し出すと、もっと観客は入らない。

エンタメベースにどれくらいのさじ加減で時代の空気に馴染ませるか、、、。

さじ加減を興行収入が証明してます。

元の場所、元の時間にストーンを戻して、

帰還した浦島太郎風キャップ、何故すぐに帰らなかったかを話すセリフ。

Tony was telling me 、、、は訳されてた?

♩何億光年輝く

Thank you for your kindness

Thank you for your tenderness

Thank you for your smile

Thank you for your love

Thank you for your everything♩

あと2995回!

さよならの向う側

盾を置くキャップ

8
アベンジャーズ エンドゲームのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...