映画『ゴッホ 最期の手紙』レビュー

ゴッホの最期を追体験・・どうやって?

実際に俳優さんに芝居をしてもらって、

グリーンバックかブルーバックで、

それを下絵にしてる・・?

いや、してない?

やっぱりしてるかな?



絵を本格的に始めて数年で亡くなるまでに、

なにがあったのか?

その数年を追体験してみる。

どうやって?

絵を描いて追体験する。

可能?

できるだけ多くの人が描いて、更に多くの人が観れば、様々な気持ちが、行間いや筆致に滲みでてくるかもしれない・・・。

気が遠くなりそうなプロジェクト。

見応え充分。

見えましたか?
様々な気持ち、光、未知、ひと、果物、動物花、、、、
ロートレックもいましたね。

7
ゴッホ 最期の手紙のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『ゴッホ 最期の手紙』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...