映画『キングダム』レビュー

言動そのものが思想

作品(原作は全く知りません)そのものが哲学で登場人物の言動そのままが思想だった。

どういうこと?

思想は難しい言葉で抽象的に書かれていなければならない。そうでないと哲学とはいえない。は違います。

幼なじみや仲間を思いやり、生きる為に何をするかが思想であり、その思想の試行錯誤の繰り返しが哲学。

信、漂、他の人をみてるとそう感じた。

9
キングダムのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『キングダム』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする