映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』レビュー

MOTHERS SAY NO TO WAR

2001年9月11日、多くの警察官、消防士、救命士が殉職した。
その後多くの若者が世のため人のために動いた。

志願兵の動機や家族の葛藤、最前線で何が起きていたか、どのようにして戦場を脱出したか、帰還後に何が襲ったか、そして、、、名前を3回呼ばれるまで、はFOXの「ロング・ロード・ホーム」が詳しい。

メッセージ的な.あるいは感情的なセリフはほとんどない。
「・・・自分の子供を戦争に送り出す人たちの為に書く」
という編集長の言葉よりも、
志願兵の母親が、
「特殊部隊といってもこどもばっかりよ」が印象的。
本作の主旨とは少し違うが、
根本は同じはず。

MOTHERS SAY NO TO WAR

一方、政治家は、、、。

ブッシュやチェイニー含めた世界中の政治屋は真実なんてどうでもよくて、いかに儲けるかが重要なんだろう。
どこの国の政治屋も同じ。

8
記者たち 衝撃と畏怖の真実のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする