映画『愛がなんだ』レビュー

「まんぷく」ロスのあなたへ

 この恋は、始まる前から、既に終わりの予感に支配されている。

 大して親しくもない知人の結婚式の二次会で出逢ったテルコとマモルは、何となく意気投合。天然か計算か、やたら気ままなマモルの要求に振り回されても、仕事そっちのけで尽くすことに至福を覚えるテルコだが、ふたりのベクトルは、一向に交わりそうにない。片や、テルコのたったひとりの親友(≒悪友)の葉子も、辛辣な物言いで幼なじみの不毛な恋模様を心配しつつ、自身は一途に好意を寄せてくる年下のナカハラを雑に扱い、強硬な態度を続ける。そんな中、マモルが勝手に熱を上げている風の、よくいえばサバッとした、ぶっちゃけ、がさつに見えなくもない姉御肌のすみれ(江口のりこ、さすがの怪演)の存在が、膠着状態の恋愛劇を大きく揺るがす。

 原作は、映像化もされた『八日目の蝉』『紙の月』など、何かと女性に生きづらい現代社会の病理に分け入る作品でも知られる角田光代。脚本も手掛ける今泉力哉監督は、明確に言葉で定義した途端に崩れそうな微妙な関係性に囚われ、目の前のことで手一杯の不器用な男女を取り巻く、ちっぽけな世界を深く掘り下げ、大切なことほど胸に仕舞い、あまのじゃくな対話で牽制し合う“あかんたれ”を、愛情たっぷりに描く。ドSに見せてドMな、面倒くさい年上の彼女への屈折した思慕の情を吐露する若葉竜也が、賞レースに参戦しそうな妙演で魅了。朝ドラ「まんぷく」では、可愛い顔して食えない主人公の姪っこ姉妹を好演した岸井ゆきの&深川麻衣が、互いを慈しむがゆえに傷つけもする、女子同士ならではの友情の不可思議さを、リアルに体現しているのも感慨深い。

 愛とは決して後悔しないこと――惚れた弱みで心身血だらけになりながら、振り返りもせず、果てなき一方通行の恋路を爆走する。メロドラマをひたすらに拒絶し、誰かを想い続けることの滑稽なまでの強さを、チャーミングに謳う佳篇だ。

8
愛がなんだのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
服部香穂里のプロフィール画像

服部香穂里

映画界の末端で、浮草のように漂うております……。

映画『愛がなんだ』に対する服部香穂里さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

翔んで埼玉のポスター

前略、吉本隆明さま。 あなたが仰っていた共同幻想は・・・

 前略吉本隆明さま あなたが仰っていた共同幻想は、 良い...

パパは奮闘中!のポスター

妻が行方不明

  すべてを投げ出して、ここではないどこかで、やり直すこと...

まく子のポスター

まぼろしなんかじゃない

 すてきな気付き、めにみえない成長。 枯葉をまいたら下に落...