映画『ブラック・クランズマン』レビュー

Crusaderの訳は聖戦?

アダム・ドライバーがワシントンに、おまえはこの仕事を聖戦にしているというようなセリフがあった。
Crusaderって言ってたような気がしたが・・聖戦・・・まあそういうことなんだろうけど・・・

ライターや監督が(特にスパイク・リーなら)、劇中で、そんなセリフを言わせるという事は、これはスパイク・リー自身が自分にとって映画は聖戦と言ってるようなものではないか?

エンターテインメントより、メッセージより、聖戦。

聖戦に賞は不要(最上級のリスペクトです)!

『グリーンブック』でも書きましたが、ピーター・ファレリーにとっては、友情も人種問題もキャメロン・ディアスの前髪ピンコ立ちも、
エンターテインメントのアイデアのひとつ。

聖戦VSエンターテインメントなんて勝負にならない。

何を悔しがる?リーーーー。

それにしてもCrusaderの訳は聖戦?活動家?戦士ともここではちがう、改革者?
マルコムXやキング牧師へのリスペクトも含めた意味のようなCrusaderな気がする。

スパイク・リー作品は英語を英語のまま理解したいと毎回強く思います。

半分くらいしか理解できてない気もします。

8
ブラック・クランズマンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『ブラック・クランズマン』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

僕はイエス様が嫌いのポスター

また逢う日まで

  思いもよらぬ事件や事故に胸を痛めるにつけ、こんな世の中...

名探偵ピカチュウのポスター

ピカぴぃ・・ピカピカ

 ピカピい・・ピイカピカ 通じてますか? ケンワタ...