映画『ファースト・マン』レビュー

理系の論理だけでは語れない。

理系の計算や論理で語るには限界がある、
文系の言葉や文法で表現するにはステージが違う段階に入った、
さいしょのだい~いっぽ。

宇宙計画、ロケット開発、理系の人が好みそうな、NASAのマーキュリー~ジェミニ~アポロ計画の<叙事詩ではなく>、
数字では割り切れない、仲間の殉職、家族の葛藤、文系のことばで語るNASAの職員たちの<抒情詩(叙情詩)だった>。

立花隆の「宇宙からの帰還」によると、宇宙飛行士たちが地球に帰還すると多くの人の生活形態がおおむね2パターンに分かれる(例外もある)と。

飲んだくれか聖職者か。

その理由は、宇宙から地球を見ると、あまりに美しすぎて、
自分のちっぽけさに愕然として自暴自棄になる人たち(コリー・ストール扮するバズ・オルドリン(トイ・ストーリーのバズの由来)は自暴自棄になって危険な状態にもなったらしい)、

こんな美しいもの(地球)が自然の流れで偶然にできるはずがないこれを伝道しようとする人たちに分かれるそうだ。

その2パターンの人たち、あるいは別パターンの人たちの心の裏側にスポットをあてる。
飛行士、職員の家族、仲間全員がファースト・マン。

「アンダーコントロールじゃない!あんたたちがやってる事は説明書の手順通りに進めてる子供のプラモデル作りと同じ。そんなのをアンダーコントロールって言わないで!」とジャネット・アームストロングはファースト・ウーマン。
ファーストとファーストが手を合わせて・・・・の抒情詩でした。

8
ファースト・マンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『ファースト・マン』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...