映画『ちいさな独裁者』レビュー

制服を拾ってからの展開がわかりづらい・・のがいい

制服を拾ってからの展開がわかりづらい。
しかし、そのわかりづらさが本作の独特のテイストになっている。
制服を信じる、信じるない。
騙される、騙されない。

登場人物を色付けするのがわかりやすい。
白と黒、赤と青、善と悪・・本作はそれをやらない。

いったいこの人たちが銃を撃つのは、騙されてるから?
自分の意思で?
敗戦濃厚の気配で自暴自棄になってる?
あれ?
一観客の自分自身は?
そしてエンドロール。
エンドロールでやっていることを劇中にどういれるか?
類似作品のようにならないように・・・みたかった。

7
ちいさな独裁者のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『ちいさな独裁者』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする