映画『心と体と』レビュー

右脳で感じて左脳で解釈

経済的格差はある程度なら見逃せる?

心の格差は1人では解決できないし、幾重にも渡るセーフティネットが必要。

上手に自分の気持ちを相手に伝えられない女と、
上手に伝えることなんて無意味、
それ自体から身を引こうとしている男。

敬語で一定の距離を保つピュアな純愛物語。
と左脳でロジカルに解釈するとこんな感じ。
過去と未来が重要。

人間も動物に過ぎない、
感じるままに行動する、意味なんて人間が作っているだけ、
解釈なんて無意味、スピリチュアル的共感、
鹿のいる空間こそリアルな世界。
生きる死ぬのリアルな空間は、常識外の所にあるのか。
右脳で感じるとこんな感じ。
今現在、そこで起こっている事が全て。

試聴の2曲め、フルコーラス聴いてみたい。

7
心と体とのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『心と体と』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ブラック・クランズマンのポスター

Crusaderの訳は聖戦?

 アダム・ドライバーがワシントンに、おまえはこの仕事を聖戦...

運び屋のポスター

拝啓、ハリー・キャラハン様

 拝啓、ハリー・キャラハン様 あなたが44マグナムを35カメ...

ハッピーエンドのポスター

馬鹿が戦車でやってくる

 ガラガラガラってうがいをするは、 gargariserっていうんだ...