映画『馬を放つ』レビュー

ケンタウロスの翼

見渡す限りの空、見えなくなるまで続く草原、
そんな雄大な自然の中で暮らすキルギスのひとたちにも、
分断の波がゆっくりと迫ってきている。

ひとがいると、トラブルは起きる。

そんな中、ひととひとの絆を取り戻そうとする主人公。

その方法は馬を解放すること。

かつてケンタウロスと呼ばれた自分たちの民族を解放するために、自分たちの翼である馬を解放する。

7
馬を放つのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『馬を放つ』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする