映画『がっこうぐらし!』レビュー

ぴかぴかに光ったスコップでできればぼくの憂鬱を~

ついさっきまで音楽室で合唱していた。
ついさっきまで机をひっつけて弁当のおかずを交換していた。突然SOSを発信する、あるいは発信する間もない。
そして孤立。
近年、そんな経験をしている人の方が多いのかもしれない。そこまで視野に入れているのか?忖度しているのか?もっと気楽に、あるいはもっとふざけて軽いノリで作っていれば、、、、と思うシーンがあった。
全体的に問題に正面から向かう!という姿勢がラストの心地よさに繋がる。
ぴかぴかに光ったスコップやでっかいバールで仲間を倒しているようで、実は仲間のもしくはぼくたちの憂鬱を打ち倒してくれているのかもしれないように感じた。そのまっすぐな意志がラストに繋がる・・・という風に。
※ゾンビが出てくると、バタリアン的ワールドウォーZ的ゾンビが出てくる?出てこない?出てくる?と期待してしまう昨今です。

8
がっこうぐらし!のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『がっこうぐらし!』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ちいさな独裁者のポスター

制服を拾ってからの展開がわかりづらい・・のがいい

 制服を拾ってからの展開がわかりづらい。 しかし、そのわか...

長江 愛の詩(うた)のポスター

目の保養

 長江の川辺の人達の習慣。 父親の死後、息子は川で黒い魚...

夜の浜辺でひとりのポスター

ポール・T・アンダーソンとのちがい

 今、スクリーンで起こっている事を味わう作品。 引いた絵で...