映画『フロンティア』レビュー

ドストエフスキも忘れない

奇想のベクトルが全く違うハラショーな作品でした。
わかりづらいですが傑作です。
ロシア伝統のリアリズムか、監督の方針か、スタッフのこだわりかはわかりませんが、
描写の手間暇の掛け方の凄さからのリアリズム→非現実→SFへの展開が見事です。
兵士のドロドロの顔、軍服の汚し方、傷メイク、銃器類の錆び、赤い弾薬箱、青い煙、書き切れない程の細かな描写で戦場の悪臭が臭ってきそうなリアリズムを表現。
シュールなさじ加減も後半はちょっとやり過ぎ感はありますが、まるで寺山修司をも意識しているようです、でもギリギリでアートには走りません。
緻密な絵作りはタルコフスキのようでもあります。
そんなシュールなリアリズムをベースにしたタイムスリップ映画。
主人公自身のファミリーを追いかけて、
そして、「愛は金で買えない」って・・ドストエフスキも忘れない。

8
フロンティアのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『フロンティア』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ちいさな独裁者のポスター

制服を拾ってからの展開がわかりづらい・・のがいい

 制服を拾ってからの展開がわかりづらい。 しかし、そのわか...

長江 愛の詩(うた)のポスター

目の保養

 長江の川辺の人達の習慣。 父親の死後、息子は川で黒い魚...

夜の浜辺でひとりのポスター

ポール・T・アンダーソンとのちがい

 今、スクリーンで起こっている事を味わう作品。 引いた絵で...