映画『来る』レビュー

雨は夜更けすぎに雪へとかわり池の水は全部抜かれる・・silent night


『エクソシスト3』か『エクソシスト・ビギニング』または邦題だけがエクソシスト関連のワードのタイトルで原題は全くちがう作品だったかどうかはっきりと記憶にないがその作品は悪霊退散、除霊、厄除けという行為を信じるか信じないかはあなたしだいではなくて、はっきりと実存として生活に密着しているのだからロジカルに対応、解決しようというストーリーだった。(ような記憶がある。)

悪魔(その作品では)は実在すると考えよう、迷信を無理やり信じるのではなく、その原因が【何か】を明らかにして、対応法を日常的に準備しておき

例えば暴風雨の夜から祈祷開始、翌朝には悪霊(例えば【何か】の正体は台風)が退散。不吉じゃなどと言いながら悪霊退散に貢献したヒトやモノ、施設は崇められ貴重な存在となっていった。【何か】を明らかにしたり、時には聖なる【何か】をあえて明らかにしないで対応していくという事が、太陽や海、山、森林などの過酷な自然の驚異と共存

文字制限の為中略

が、どうにも対処法がわからない災いのパターンがある。その要因がどうやらヒトの内面に【何か】あるようだとうすうす感じてきた少し昔のヒトたちの対応法。
そんな対応法をロジカルに映画にしていたのは先程書いたが、よくあるパターンだと、【何か】を明らかにして<敵>とみなし、迎え撃つ主人公達を<味方>として勝か負かを楽しむ。エンタテインメント作品の王道だ。

しかし本作は、来る【何か】を明らかにしないで、その【対応法】が適切かどうか不明のまま観客を圧倒していく。
勝負を楽しむ作品にすると、勝利して終了、本当の【何か】の怖さを観客は考えない。
どうするか?
勝負そのものの舞台を破壊する、つまり
池の水全部抜いて、【何か】を規定しないで、itが日常に潜んでいる事を考えてくれ~というメッセージなのか、
ただただ圧倒はされた・・・不吉じゃ・・

錯乱筆坊

8
来るのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『来る』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

きみの鳥はうたえるのポスター

カメラは止まらない!

 じっくりとゆっくりとカメラが登場人物(登場人物だけではな...

クリード 炎の宿敵のポスター

あしたのジョーでいうと、力石の息子VSホセ・メンドーサの息子か?

 あしたのジョーでいうと、力石の息子VSホセ・メンドーサの息...

アリー スター誕生のポスター

血汗にまみれたスカーレット・オハラやジャニス・ジョップリンでみてみたい

 聖なる酔っ払いにレディガガが寄り添えるの? と疑問を持ち...