映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』レビュー

ようこそジュラシックワールドへ

大成功を収めた『ジュラシック・ワールド』の続編となる本作は今後のシリーズ存続を占う意欲的なアレンジが施された1本だ。前作以後、放棄されてしまったジュラシックワールドが噴火の危機に見舞われ、オーウェン、クレアらは恐竜たちを救うべく、再び島へと舞い戻る。

前半はシリーズ第2作『ロスト・ワールド』の焼き直しに火山爆発のタイムリミットを加えただけ(それでも十分スリルとサスペンスはあるが)。本作のユニークさは後半から発揮される。あえてスケールをダウンし、洋館内での攻防を描いたホラー映画へと舵を切っているのだ。特に今回の敵インドラプトルはまるでゴシックホラーに登場する怪物のようなカギ爪をもっており、監督のJ・A・バヨナは意識的に往年の名作ホラーへオマージュを捧げている。

そして浮かび上がるのが人間の傲慢さと、生命倫理への警鐘だ。自然災害はじめ、僕ら人類にコントロールできるものが如何に少ないのか思い知らされる。収縮していった映画は最後にシリーズのさらなる拡張を宣言し、終わるのだ。

おふざけばかりのスター・ロードとは違う、男臭いヒーロー像をクリス・プラットは今回も好演。ブライス・ダラス・ハワードとのケミカルも相変わらず抜群で、3部作完結編にも期待が持てる。

7
ジュラシック・ワールド 炎の王国のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

華氏119のポスター

【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】

 【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】 (『歎異...

愛しのアイリーンのポスター

それを何て呼ぶんだ?

 余分なものを排除するとわかりやすい。 パチンコ、仕事、車...