映画『ワンダー 君は太陽』レビュー

君は奇跡の子

登場人物全員に等しく注がれた作り手の優しさが心地いい。R・J・パラシオによる同名小説を映画化した本作は今の時代に相応しい寛容性を持った好編だ。これは前作『ウォールフラワー』で自身の小説を映画化し、成功を収めたスティーブン・チョボウスキー監督のヒューマニズムによるところも大きいだろう。先天的に顔に障害を持った少年オギーの初めての学校生活を描く本作はいじめや、すれ違いが描かれるがそれぞれの視点から平等に語ることで、互いに歩み寄る事の大切さを教えてくれる。

『ウォールフラワー』でエマ・ワトソンを“脱ハリポタ”させたチョボウスキー監督なだけに、今回も20代若手女優のキャスティングでその慧眼が活かされている。オギーにかかりきりな両親を気遣うばかり“しっかり者の長女”にならざるをえなかったヴィア役イザベラ・ヴィドヴィッチや、そんな彼女と進学を機に疎遠になってしまったミランダ役ダニエル・ローズ・ラッセルが繊細な表情を見せており、スター誕生を予感させる。チョボウスキーは20代俳優を撮らせたら今一番信頼できる監督ではないだろうか。

また『サバービコン』で実質主演と言っていい活躍だったノア・ジュプ君も出演。オギーの親友になりながら一度は同調圧力に屈してイジメに加担してしまうジャック役で、本作の子役中でも一番複雑な演技を見せている。今年はホラー映画『クワイエット・プレイス』も大ヒット、今後しばらく引っ張りだこになりそうだ。

2017年はアメリカ映画の多くで親の不在が印象的だった。混迷の時代に範を示す者の姿はなく、それでも僕たちはしぶとく生きて、子供達に未来を託さねばならない。本作の正しい親の存在、友愛は楽観的と言われるかもしれないが、それでも作り手の温かい善意を僕は心から支持したい。

7
ワンダー 君は太陽のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『ワンダー 君は太陽』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

ヤング・ハン・ソロの冒険

 そもそも、一体誰がこの映画を望んでいたのだろう? ハリソ...

オーシャンズ8のポスター

ジュエリーは盗めても、僕のハートは盗めない。

  色男たちが大胆な盗みを働く「オーシャンズ」シリーズを、...