映画『ゲティ家の身代金』レビュー

冷血

異常な実話だ。1973年、ローマで大富豪ゲティの孫ポールが誘拐された。ところが常軌を逸した守銭奴であるゲティは身代金の支払いを拒否。ポールの母ゲイルは誘拐犯と世界一の大富豪の間で板挟みとなってしまう。

リドリー・スコット監督は余裕の手並みだ。事件発生から犯人側との交渉、誘拐されたポールの苦難、そして身代金受け渡し、既に結末が明らかな話だがサスペンスたっぷり。ゲイル役ミシェル・ウィリアムズの素晴らしい“受け身”の芝居は演技の本質がリアクションである事を改めて思い出させてくれる。

なぜ御年80歳の巨匠はこの題材を選んだのか。ゲティは守銭奴である一方、美術品の収集には目がなく、どんな高額品にも金の糸目はつけなかった。あくまで金は水物であると信用せず、人も物も所有する事で征服心と虚栄心を満たしたのだ。天井まで連なる美術品に囲まれた姿はフィレンツェ潜伏中のレクター博士(『ハンニバル』)や、エイリアンの標本に囲まれたデヴィッド(『エイリアン:コヴェナント』)の冷酷さを彷彿とさせる。当初、ゲティ役はケビン・スペイシーが演じていたが、セクハラ問題によりスコットは再撮影を決断、クリストファー・プラマーを起用する事となった。58歳のスペイシーが特殊メイクで演じた80代のゲティはおそらく『ハウス・オブ・カード』のフランク・アンダーウッド役で見せたシェイクスピア的冷酷漢だったのではないだろうか。

プラマー演じるゲティは冷酷さの中にまるで『クリスマス・キャロル』のような憐れさが同居している。冷酷とは決して超然とした存在ではなく、人の中から生まれるものなのだ。88歳の老優だからこそ体現できた年輪。プラマーの演技を得て、近年のリドリー映画にあった欝々とした諦観は薄らぎ、本作は人間ドラマとしてのルックを得る事になった。近作の“歪さ”が好きだった僕としてはいささか物足りないが、巨匠の手練れた一本だ。

6
ゲティ家の身代金のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『ゲティ家の身代金』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

華氏119のポスター

【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】

 【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】 (『歎異...

愛しのアイリーンのポスター

それを何て呼ぶんだ?

 余分なものを排除するとわかりやすい。 パチンコ、仕事、車...