映画『カメラを止めるな!』レビュー

例えば【小説】はそれ自体が読み物として完結していて・・・・

アイデアの仕込みの量と質がすばらしい。

例えば【小説】はそれ自体が読み物として完結していてエンタテインメント作品として独立している。
しかし【シナリオ】はあくまでも設計図であって、スタッフ、キャストによっては全く違うものができあがる・・・その隙間に仕込んでる仕込んでる、仕込む為には○○○という仕掛けが必要。そのアイデアもすばらしい!
そしてその隙間には観客も入り込める(これが最大の仕掛け)!

本作はネタバレネタバレと騒がれているが、ネタバレしても楽しめる作品。もちろんまっさらで見るのがベストだけど・・。

この仕込みは、アイデアはもちろん、行動力、キャスト、スタッフを納得させる統率力等々が必要、なので下記のメジャーリーグ級、バロンドールレベルの人達と同等のレベルの仕事です。

2館スタートの作品を100館以上に感染させ続ける観客の嗅覚と熱量も凄すぎる~。
長蛇の列、カウントダウンが始まりそうな上映前のドキドキ、上映後のざわざわ、これらを同時に体験させてくれた映画は『○○○○○○○○○』以来だ~作品名を言うとネタバレになる~!
大谷翔平よりイニエスタより錦織より、この映画を・・・・撮ったヤツらを目撃せよではなく、みんなで編み上げて行く感じ、サグラダファミリアみたいな感じ、ありがとうーーーー!!!

10
カメラを止めるな!のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『カメラを止めるな!』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

華氏119のポスター

【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】

 【善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや】 (『歎異...

愛しのアイリーンのポスター

それを何て呼ぶんだ?

 余分なものを排除するとわかりやすい。 パチンコ、仕事、車...