映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』レビュー

夢の外へ

 大人に媚びない子どもは、無敵である。

 フロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側に位置する、ラベンダー色の見た目はメルヘンチックな安モーテルで暮らす、6歳の女の子ムーニーは、遊びの天才。友だちと連れ立っては、観光客から首尾よく小銭をせしめてソフトクリームを分け合ったり、スパイ気取りでスリルも味わいつつモーテル中を停電させたり。いたずらなんて可愛いものではない、度を過ぎた行為ばかりだが、彼女たちの生きる日常に、いわゆる常識や善悪の観念は存在しない。大人が思い描く“子どもらしさ”を押し付けた過去の作品群が、いかにも作りものっぽく、色褪せて見えてくる。

 失業中のシングルマザーの母親も、持てる者に狙いを絞った詐欺や盗みであれば、ギリギリセーフとばかりに開き直り、日々の生活費を捻出する。ひとり娘を心から愛してはいるものの、年の離れた仲良し姉妹といった雰囲気で、親としての心構えなどは、根本的に欠落している。

 そんな“こまったちゃん母娘”に振り回されながらも、ふたりを誰よりも気にかけ、陰日向でシビアな現実との橋渡し役となるのが、モーテルの管理人を務めるボビー。カメレオン俳優ウィレム・デフォーが、恐らくキャリア史上最も普通なお人好しを、くたびれた背中に中年男の色気をも漂わせて巧演し、オスカー候補にも名を連ねた。

 彼の孤軍奮闘もむなしく、ある出来事を機に、オールマイティーだったはずのムーニーの世界が、ゆがみを帯びて崩れ始める。あっという間に覚めてしまう夢のために大金を支払う、矛盾だらけのおとぎの国の周縁では、思いのままに空想することすら叶わないのか……。絶望の先に待つ、現実と虚構との境界さえなぎ倒す驚嘆のエンディングは、想像をめぐらせれば解けない魔法だってかけられると、あらゆる境遇の子どもたちを映画の力で勇気づける、とびっきりのエールなのである。

8
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
服部香穂里のプロフィール画像

服部香穂里

映画界の末端で、浮草のように漂うております……。

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』に対する服部香穂里さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

I have a bad feeling about this.

  銀河を股にかけた壮大なスペースオペラを展開する正史とは...

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...