映画『さよなら、僕のマンハッタン』レビュー

NYには全てがある、のか?

巻頭早々、ダイアログを聞いて僕はポール・オースターや村上春樹、もちろんサリンジャーを思い出した。舞台はNY。人生に迷った青年、もちろん眼鏡をかけた文学青年が主人公だ。脚本を手掛けた新鋭アラン・ローブが彼らに影響を受けているのは間違いないだろう。だが、名匠たちの諸作を読んだ方がもっと建設的かも知れない。僕は歳を取り過ぎてしまったのだろうか?

主人公トーマス・ウェブは20代後半、特に何をするでもなく、定職につかずブラブラしては「NYは魂を失った」「今はフィラデルフィアが熱い」と気取った事を言っている。父親は出版社の経営者、いわば山の手のボンボンだ。今は古書店で知り合ったバイトのミミ(キュートなカーシー・クレモンズ)に熱を上げているが、カレシ持ちなのが悩みのタネだ。
そんなある日、向いの部屋にヨレヨレの男が越してくる。ちょっとおせっかいなオヤジだが、次第にトーマスは自身の悩みや惑いを打ち明けていってしまう(この年頃は“語りたい”年頃だ)。

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督のタッチは一見青臭いが、物語のハイライトがタイトル(原題=The Only Living Boy in New York)にもなっているサイモン&ガーファンクルであり、ボブ・ディランである事からもわかるようにこれはむしろ親達の物語だろう。モラトリアム期に下した決断の代償を改めて得る事になるシンシア・ニクソン、ピアース・ブロスナン、ジェフ・ブリッジスは皆、素晴らしい演技を見せており、際どい綱渡りをした脚本を救っている。

あれ、それではトーマス・ウェブの物語はどこにあるんだ?
ここには作り手がモラトリアム期、“若さ”という季節がいつか終わる事の自覚や、トーマスが世界と自分の距離に気付く姿がない。「NYには全てがある」と言うが、それでは老いも若きもこの映画には自分の姿を見出せないだろう。

5
さよなら、僕のマンハッタンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『さよなら、僕のマンハッタン』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのポスター

脱・ひとりぼっちの青春

  ひとは生まれながらに平等である……わけもない。それゆえ、...

運命は踊るのポスター

この道は・・・

  すがっては裏切られてきた神は信じないけれど、運命は心の...

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

ヤング・ハン・ソロの冒険

 そもそも、一体誰がこの映画を望んでいたのだろう? ハリソ...