映画『火花』レビュー

2丁拳銃の修士さんがすばらしい!

他の役者を飲み込んでしまうとか喰ってしまうとかという言い方をしますが、
その場合はアクティブとかポジティブとか目立つ役柄や設定が多いものです。
本作は違いました。
主人公の相方さんは静かに静かに飲み込んでいってました。
セリフ、無言、間、表情、目つき、仕草、ツッコミetc[ちょうどええ]芝居が作品の世界観を隣りでしっかりと支えていたといっても過言ではないでしょう。
スパークスもあほんだらもめっちゃよかった!
※冷や冷やしながらみてました。
何をひやひや?
横から「あかんあかんあかんあかん!ギター置け!」
って女性が乱入してくるんじゃないかと・・・・

8
火花のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

こんな作品もレビューされてます

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルのポスター

一見さんもどうぞ

 未だ『スター・ウォーズ』『マッドマックス』という40年前...