映画『火花』レビュー

2丁拳銃の修士さんがすばらしい!

他の役者を飲み込んでしまうとか喰ってしまうとかという言い方をしますが、
その場合はアクティブとかポジティブとか目立つ役柄や設定が多いものです。
本作は違いました。
主人公の相方さんは静かに静かに飲み込んでいってました。
セリフ、無言、間、表情、目つき、仕草、ツッコミetc[ちょうどええ]芝居が作品の世界観を隣りでしっかりと支えていたといっても過言ではないでしょう。
スパークスもあほんだらもめっちゃよかった!
※冷や冷やしながらみてました。
何をひやひや?
横から「あかんあかんあかんあかん!ギター置け!」
って女性が乱入してくるんじゃないかと・・・・

8
火花のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

ミッドナイト・サン タイヨウのうたのポスター

うた唄いの恋

  つまらない作品がリメイクされることはないが、その逆は十...

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のポスター

圧倒的な創造量の多さ

 リュック・ベッソン監督の描くSFの世界観が好き。 SF映画を...

レッド・スパローのポスター

あ~また騙されると思いながら僕はどんどん堕ちていく

 ああうそつき映画と怒りながら僕は人生かたむける。 久しぶ...