映画『スパイダーマン ホームカミング』レビュー

ピーターはある朝突然に

スパイダーマンがマーヴェルに帰ってきた。
実は映画化権がソニーにあり、今回は特別契約でマーヴェル・シネマティック・ユニバース(MCU)へ合流という、オトナの事情をクリアした再リブート作だ。トム・ホランド版スパイディ初お目見えとなった『シビル・ウォー』の続編となるため、蜘蛛に噛まれてスーパーパワーを手に入れた話もベン叔父さんが殺された話も“知ってるでしょ?”と割愛。アベンジャーズ入りを夢見る高校生ピーター・パーカーを何とジョン・ヒューズ風に描くという大胆アレンジだ。最近のマーヴェルは本筋(『キャプテン・アメリカ』シリーズや『アベンジャーズ』シリーズ)をルッソ兄弟に手堅くまとめさせながら、ジェームズ・ガンやタイカ・ワイティティ、そして本作のジョン・ワッツら個性派監督を招聘してMCUに新風を吹き込む余裕っぷりである。

何より注目したいのはキャスティングのダイバーシティ化だ。
いわゆる白人のジャンルであった“学園モノ”に多種多様な人種のキャストが揃っており、驚かされる。この傾向は今年上半期の大ヒットドラマ『13の理由』でも顕著だったが、元来本作の舞台クイーンズはじめアメリカの当たり前の光景であり、それが表現として可視化されたのが今年である理由は言わずもがなであろう。ドラマや映画で描かれる学校がようやくリアルになったという意味で、この2作は今年の最重要作だ。中でもゼンデイヤ扮するキャラクターは…おっと、これは見てのお楽しみだが、この配役ができるという事は極端な例え、『美女と野獣』のヒロインを白人以外でも演じられる時代が来るという意味だ。とても嬉しいことじゃないか。

学園パートがあまりに楽しいため「ホランド君が声変わりする前に急いで続編撮って!」と思ったら、今年21歳ってあの変声期みたいな声、地声かよ!!

8
スパイダーマン ホームカミングのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『スパイダーマン ホームカミング』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

犬ヶ島のポスター

わんこの涙

  東京篇も好調な「半分、青い。」(18)で、いい味出してい...

それからのポスター

帰れないヨッパライ

  私見ではあるが、いい映画を観た後の一杯は、格別である。 ...

レディ・プレイヤー1のポスター

オレもガンダムで行く!

 全編ポップカルチャーネタの絨毯爆撃だ。目も眩まんばかりの...