映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』レビュー

パパの詫び状

 密室劇×ゾンビもの。超悪趣味なジャンル映画の掛け合わせにより、これまでにないエンターテインメント大作が誕生した。

 ”!!!”な邦題からは抜け落ちているが、舞台となるのは、ソウルからプサンに向かう高速鉄道。愛娘の誕生日に予期せぬ苦難に見舞われる父親が主人公という点は、快作『トンネル 闇に鎖された男』(16)と共通しているが、トンネルの崩落事故に巻き込まれる自動車ディーラーが根っからのお人好しだったのに対し、別居中の妻宅に娘を連れて行くために渋々乗った列車内で、増殖を続ける凶暴な感染者集団と闘う羽目になるファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)は、冷酷で自己中心的な仕事人間である。

 災難は、ひとの本性を丸裸にする。不仲な両親の板挟みに遭い、早過ぎる反抗期にある幼い娘の絶望など知る由もない父親は、自分たちだけは何とか生き残ろうと画策する。そんな卑しい性根に豪快にNOを突きつけるのが、出産を間近に控えた美人妻と列車に乗り合わせた大男。正に”美女と野獣”といった趣の強面だが、愛妻のみならず一人でも多くを生かすべく、献身的に奔走する正義漢だ。必ずや良き父親になるに違いない彼に触発されたソグは、最悪の状況に追い詰められてようやく、娘の理想のパパとなるべく急成長を遂げる。

 乗客仲間と助け合いながら車両から車両に移り、辛うじて生き永らえてきた父娘の前に最後の最後まで立ちはだかるのが、移ろいやすいひとの心の脆さに付け込み、しぶとくサヴァイブする中年野郎。生きるためには手段を選ばぬ外道っぷりは、列車に乗る前のソグの未来像のようで、誰もが陥り得る最悪のケースでもあるが、そんな腐れ縁同士の死闘は、思わぬ結末を迎える。絶体絶命の人々を通して、単純には割り切れないグレーな部分をもシニカルにつっつく本作は、人間性を奪いかねない極限に置かれても、ひとはいかに生きるべきかを力強く問いかけてくる。

9
新感染 ファイナル・エクスプレスのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
服部香穂里のプロフィール画像

服部香穂里

映画界の末端で、浮草のように漂うております……。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』に対する服部香穂里さんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

婚約者の友人のポスター

愛しちゃったのよ

  日本に紹介された当初は、キワモノ的な才人扱いの印象だっ...

エイリアン コヴェナントのポスター

創られし者、創りし者

 中盤のドス黒い、邪悪な気配は何なのだ。 新型エイリアン“ネ...

ダンケルクのポスター

ダンケルクスピリット

 巻頭の銃声をきっかけに、クリストファー・ノーラン監督は観...