映画『ハクソー・リッジ』レビュー

戦場のクライスト

 太平洋戦争時、武器を持たずに最前線で仲間の救助に尽力した衛生兵の活躍を描く、感動の実話。

 アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンド・ドスは兵役に志願するものの、頑なに銃を手に取ることを拒否し、挙句の果てには軍法会議にかけられて禁固刑の一歩手前まで行ってしまう。軍隊に身を置きながら戦闘拒否なんて、これじゃあ開き直って一切仕事をしない新入社員と同じじゃないかと思ったが、彼の行為は「良心的兵役拒否」という考え方に基づいたもの。これは宗教や信条の理由で兵役を拒否するもので、合衆国憲法によって保障された立派な個人の権利だそうだ。

 という訳で、彼は武器を持たずに沖縄の“ハクソーリッジ(のこぎり崖)”と呼ばれた前田高地の戦闘に参加する。丸腰の彼は本来なら足手まといになってもおかしくないが、獅子奮迅の働きっぷりで負傷した仲間を次々と救い、いつしか味方の希望となっていく。

 ハクソーリッジの英雄がシモ・ヘイヘや「アメリカン・スナイパー」のクリス・カイルのような凄腕の兵士ではなく、ピストルすら持たない衛生兵だったというのは驚きだ。(もちろん、多分に脚色はあるのだろうけど。)愛や正義を信じて敵味方問わず一人でも多くの人を助けようとした彼は、まさに戦場のクライスト。目が見えなくなった兵士を治す場面なんて、まんまイエスの奇跡だし。

8
ハクソー・リッジのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
奥 直人のプロフィール画像

奥 直人

映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。

映画『ハクソー・リッジ』に対する奥 直人さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

神さまコント

 バ、バカすぎる…!! 雷神さまトリロジー完結編はマーベルの...

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

雷神・ライジング

  以前どこかのサイトで「映画とは破壊と再構築だ」的な理論...

女神の見えざる手のポスター

オピニオンリーダー・チャステイン

 米国に遅れること1年の日本公開となったが、相次ぐ銃乱射事...