映画『メッセージ』レビュー

♪no future, no future・・・♪

Louise sees future=no future, no future, no future for you for me for us・・・

傑作だけど、映画『○○○○○○』や『○』で既視感ありありなので、ややウケ。

この類のSF作品は、謎の上帝やwiseな人orAIが現れ、
人類に契約を迫ったり、接触を試みてくる。
そして宇宙とは神とはこういうことなんじゃね?
的な展開を迎える。
できるだけ主人公のキャラ、パーソナリティ、エピソードは排除される。
なぜなら100分程度の短時間で世界観を語るのにはそんな事は不要だからだ。

ところが!
本作は、主人公の娘のエピソード!不治の病!あろうことか亡くなる!旦那は受け入れられない!別れる!・・・・
本作のメインメッセージはメインプロットはこれ!
受けいられない未来を自ら選択して乗り越える!
それこそが宇宙、神!

昭和のひとは、HANNAH ハンナをハンナ・アーレントと解読し、
平成のひとは、早すぎた人工知能チップ、ANNAと解読するのだろうか・・・

「装甲騎兵ボトムズ」も改めて再見したくなった。

8
メッセージのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『メッセージ』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

クレイジー・リッチ!のポスター

アジア版『ブラックパンサー』

 大旋風である。ワーナーブラザーズの製作ながらオールアジア...

クワイエット・プレイスのポスター

声をあげよ

 『クワイエット・プレイス』は全編に渡って集中力の漲った素...

インクレディブル・ファミリーのポスター

オンリーワンで、スーパーワン

 映画は2004年の第1作目直後から始まるのに少しも古びていな...