映画『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』レビュー

わたしは、ジャクリーン・ケネディ

 1963年11月22日、テキサスのパレードに参加していたジョン・F・ケネディ大統領は暗殺される。目の前で愛する夫が撃ち抜かれた妻のジャクリーン・ケネディが、彼の血を浴びながら散らばった後頭部を掻き集めたのは有名な話だ。

 配偶者との突然の死別と言うただでさえ悲劇的な出来事に加え、その生々しい現場に遭遇してしまったのだ。本来ならショックのあまり塞ぎ込んでしまってもおかしくない。ところが彼女は大きな衝撃を受けつつも、夫の追悼行事を国民の記憶に留めるため同じく在職中に暗殺されたリンカーン大統領の葬儀を参考にし、大統領の妻としての役目に奔走していく。

 そう、ジャクリーン・ケネディは現在進行形で起こっている目の前の悲劇が歴史上の重要な出来事として後世に残ることを認識していた。だからこそケネディ大統領がいかに情熱的で模範的な人物であったかを伝えるため奮闘したのだ。合衆国の伝統や秩序を重んじ夫の名誉のために気丈に振舞う姿は、まさに偉人の妻の鏡と言えるだろう。

 一方で、「もし平凡な男性と結婚していたら…」と胸の内を明かす、歴史上の人物ではなく一人の女性としてのジャクリーン・ケネディの素顔に迫る場面も印象深い。裕福な家庭に生まれ有名校からフランスの大学へと進み、若くして社交界に足を踏み入れファースト・レディーにまでなった彼女は、「上級国民」とでも言うべき華麗な経歴の持ち主だ。しかし、流産や死産、ケネディの暗殺に再婚相手との死別など、愛すべき家族に関しては何かと不幸も多かった生涯である。今となってはその心意を知る術はないが、想像力を掻き立たせるには十分な完成度である。

7
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
奥 直人のプロフィール画像

奥 直人

映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。

映画『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』に対する奥 直人さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

雷神・ライジング

  以前どこかのサイトで「映画とは破壊と再構築だ」的な理論...

女神の見えざる手のポスター

オピニオンリーダー・チャステイン

 米国に遅れること1年の日本公開となったが、相次ぐ銃乱射事...

ゲット・アウトのポスター

アメリカで黒人であること

 どっひゃ~! これはとんだ怪作、快作だ。 現代の低予算ホ...