映画『アシュラ』レビュー

阿修羅のごとく

 凄まじい。韓国の架空都市「アンナム」で展開される汚職を描く本作は、物語が進むに連れてスプラッター映画顔負けの地獄絵図が展開されていく。自ら刃物を頭皮に擦り付けて出血させたり、氷のようにガラスを口の中で嚙み砕いてムシャムシャしたり、アイデア賞を上げたくなるような場面の多いこと。

 キャラクターの狂気を表現するためとは言え非現実的な血生臭い描写は誇張し過ぎな感もあるが、それでもオーバーアクトな印象を受けないのは、俳優陣による渾身の熱演と一切の妥協を許さない演出のおかげか。

 てっきり韓国の闇を告発した社会派映画化と思いきや、ぶっ飛んだ暴力はもはやファンタジーの域に達している。雑巾のように全身を限界まで絞って感情を吐き出す人間の執念たるや、まさに阿修羅のごとく。

8
アシュラのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
奥 直人のプロフィール画像

奥 直人

映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。

映画『アシュラ』に対する奥 直人さんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

神さまコント

 バ、バカすぎる…!! 雷神さまトリロジー完結編はマーベルの...

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

雷神・ライジング

  以前どこかのサイトで「映画とは破壊と再構築だ」的な理論...

女神の見えざる手のポスター

オピニオンリーダー・チャステイン

 米国に遅れること1年の日本公開となったが、相次ぐ銃乱射事...