映画『キングコング 髑髏島の巨神』レビュー

映画館のでかいスクリーンでみるべき

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

早い段階でキングコングが出てきてひと暴れ、そこから謎の島を探検中にでかい怪獣やらがわんさかでてきて興奮ドキドキだった。
怪獣同士のバトルや人間が無謀に向かっていくシーンもあり、まさしくこれぞ怪獣映画!である
だからこそ、映画館のようなどでかいスクリーンと音量で観て欲しい

エンドロール後にちょっとある映画なので終わっても席を立たず最後まで

7
キングコング 髑髏島の巨神のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『キングコング 髑髏島の巨神』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

婚約者の友人のポスター

愛しちゃったのよ

  日本に紹介された当初は、キワモノ的な才人扱いの印象だっ...

エイリアン コヴェナントのポスター

創られし者、創りし者

 中盤のドス黒い、邪悪な気配は何なのだ。 新型エイリアン“ネ...

ダンケルクのポスター

ダンケルクスピリット

 巻頭の銃声をきっかけに、クリストファー・ノーラン監督は観...