映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』レビュー

少佐はメスゴリじゃなかった

監督:ルパート・サンダース

原作『攻殻機動隊』があるものの、内容は異なるものだったので別物として鑑賞したほうがいいかもしれない
原作リスペクト部分も多々あるし吹き替えなら声優陣がアニメと同じなので、原作を知ってると楽しめる部分もあるが知らなくても全然たのしめる。

アクションが多いイメージだが少なく、この作品の一種のメイン舞台の電脳に関してもそこまで描かれなく物足りないが、アニメでは表現しやくても実写にするとチープになったり違和感出る世界もあるのでしかないのかなと半ば諦め感と納得感が入り混じる内容だった。
個人的な思いでは、タチコマ的なのも少しでいいから出して欲しかった!
芸者ロボをあそこまで作れるんだからいけるでしょ・・・

6
ゴースト・イン・ザ・シェルのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする