映画『T2 トレインスポッティング』レビュー

人生こそドラッグだ!

 実に20年ぶりの続編。劇中でも前作から20年後が舞台となっており、エディンバラに戻ってきたマーク・レントンと仲間たちのその後が描かれる。

 この20年間で世界が大きく変わったのは、誰よりも観客自身が身にしみて感じていることであろう。テクノロジーが発達して人々の生活水準は底上げされる一方で、貧富の格差は拡大の一途を辿るばかり。そんな中で好い年になってもまともな職に就かず、ドラッグや犯罪を繰り返し家族とも離ればなれになった4人の男たちは、傍から見れば社会の下層に位置する負け組である。

 しかし彼らは本当にみじめな存在なのだろうか。皆がリア充なライフスタイルをこぞって世界中の人々に発信し、必死で背比べをしながら1ミリの差を埋めるために「いいね!」を求めるこの時代。4人にとって関心があるのは見たこともない地球の裏側の人間からのリアクションよりも、目の前の知り合いと今日を生きるお金、今夜のお酒、そして女だ。喜びも痛みも肌で感じる彼らの生き方は、原始的でありつつも極めて人間的な魅力に溢れている。

 地元で昔からの人間関係の中で生きる4人は、グローバルな時代からは取り残された存在だ。数々のしがらみから逃れられないその姿には社会の下層を泳ぐ中年の悲哀が漂うが、トゲがむき出しのその日常は破滅的だと知りつつも思わず飛び込みたくなるような中毒性がある。繰り返す泥臭い人生こそ、彼らにとって最大のドラッグだったのかもしれない。

6
T2 トレインスポッティングのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
奥 直人のプロフィール画像

奥 直人

映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。

映画『T2 トレインスポッティング』に対する奥 直人さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ブレードランナー 2049のポスター

前日譚ショートムービーリンク

 前作のブレイドランナー2017~今作2049の間に起こったショー...

ハッピーフライトのポスター

内容に深みはないけれど...

 女優綾瀬はるかさんの魅力がぎっしり詰まった作品。内容に深...

オースティン・パワーズのポスター

くだらないけど楽しい映画

 くだらないけど楽しい映画。疲れたときや落ち込んだとき、笑...