友よ、さらばと言おう

2014年08月01日公開
友よ、さらばと言おうのポスター
7.5

どんな映画

まだ投稿がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリークレビュー
9

「体幹」の映画。

このレビューにはネタバレが含まれています。

「体感」ではない。「体幹」である。

大抵のハリウッド・スタジオ映画は、例えて言うなればマシンとサプリメントで腕や脚のバルクを増やしたボディビルダー。この映画は日々の仕事で体幹が鍛えあがった労働者。シモン(ヴァンサン・ランドン)やフランク(ジル・ルルーシュ)を筆頭に、登場人物に一切の虚飾がない。港町マルセイユの殺伐な空気の中、仕事が刻んだ顔の渋さや肌のくすみ、くたびれた姿勢に、人生がにじむ。

カヴァイエ監督の前作「この愛のために撃て」「すべて彼女のために」でも、登場人物の描き方は変わらない。登場人物の造形はあくまで「その辺にいる人」で、観る側の日常に寄り添っている。事件は日常からの逸脱。日常を生きるだけで精一杯の人間たちが、逸脱した状況に立ち向かうからこそドラマが生まれる。ゴールは「家族」。今作はそれに加え「友情」をドライヴに突き進む。

今作のアクションも「魅せる」ものでなく、常人の戦いだ。秘密兵器も特殊技能もなく、ひたすら追い、走り、格闘し、撃つ。銃の扱いはまるで大工道具。現場百遍で染み付いた各々の動作は「無駄なし」と通り越して「無造作」でさえある。人間を常人にしながら周辺状況の設定でアクションをドライヴする描き方には、体温がこもっていて観る側を引き込む。

何かが明かされるラスト。しかしそれさえも全てを語ってはいない。語らぬことが、それを背負う人間の人生を観る側に刻む。友情も愛もアクションも入れてわずか90分、引き締まった仕上がりには舌を巻く。舞台も物語も小粒だが、スタジオ大作を超える堂々のノワール。舗道を踏む足元に、相手の肩に置く分厚い手に、人生をにじませる撮り方描き方。このアプローチで日本映画は作れないものか。やれるような気がするんだが。

Daisuke O-oka
Daisuke O-okaのプロフィール画像
VTRディレクター
7

アクションがよかった

このレビューにはネタバレが含まれています。

 アクションが渋くて、生々しく、とても痛々しくてすごくよかった。特に冒頭の車の場面は本当の殺し合いを見ているようで興奮した。

 おじいちゃんの方が息子の前で敵と戦う場面は、息子の前で無様な姿を見せるわけにはいかないので、本当に頑張って欲しいと思って緊張感たっぷりだった。

 話は非常に適当で、敵の一味が証人を消すために警察を襲うなど意味が分からない。更なる証拠を増やしてしまっているのに、その後も証人の子供を狙う意味がますます分からなかった。

 敵の一味の下っ端が非常に人間臭くて、普通のアクション映画ではコマのように扱われがちな部分を丁寧に描いていてよかった。しかし敵の主要メンバーはただ怖いだけの紋切り型で無個性だった。

 ラストの半裸でツーショット写真を撮る場面はあまりにホモっ気が強すぎて気持ち悪かった。

古泉 智浩
古泉 智浩のプロフィール画像
マンガ家
一般レビュー

『友よ、さらばと言おう』のカラーレビュー

  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 7
  • 7
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...