思い出のマーニー

2014年07月19日公開
思い出のマーニーのポスター
5.7

どんな映画

まだ投稿がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリークレビュー
7

まあまあだった

このレビューにはネタバレが含まれています。

 マーニーが出るまでがけっこう退屈でこのまま終わるような映画だったらどうしようかと心配した。

 主人公が親戚に育てられている里子で、育て親に全く心を開いていない。かなりいじけた性格で好きになれないなと思っていたのだが、メガネの女の子と仲良くなった辺りから性格が明るくなって最後の方ではけっこう好きになった。

 マーニーもかなりマイペースで、美人だから許される感じであった。

 デブのおばさんみたいな女の子が、実に寛容な心の持ち主で、彼女が一番立派だったような気がする。メガネの女の子も明るくてかわいらしかった。

 舞台となる水辺の地域がいろいろな魚が釣れそうな素晴らしい環境だった。波も穏やかで、楽しそうだった。好きにボートを乗り回して釣りができたら最高だ。

 まともに働いている大人が全く出てこなかった。働いている人は滅多に帰宅せず家庭を顧みないとでも言っているような印象があった。

 全体的に主人公の幻覚なのか幽霊なのか、特に何が起こるわけでもなく割とどうでもよく、わざわざ映画で見るような話でもないように思った。最初は、里子の話だ!と思って興味をひかれたのだが、最終的には濃厚に血縁の話だった。

 ただ、里子支援の給付金に主人公があんなに嫌悪感を示すのはどうかと思った。生活するのにお金が掛かるのだからもらえるものをもらって何が悪いのだろう。施設で育つ気の毒な子供もたくさんいるというのに、あまりに視野が狭いし、もっと最悪を想定して生活するべきだと思う。

古泉 智浩
古泉 智浩のプロフィール画像
マンガ家
5

いい作品なんだけど………地味

主人公にあまり感情移入できない。美人だから。
感情移入できないため、主人公が悩む理由もいまいちピンとこない。だから主人公がただの嫌な奴に思えてしまった…だって美人なんだもん。性格の良く無い美人には嫉妬という感情しか持ち合わせていませんからね。

ただ主人公もマーニーも、2人を包む湿原の風景もとても美しく描かれ、マーニーとずっと一緒にいたいという気持ちには共感できました。マーニーに会いたい!マーニーはどこ!って。
ホラーっぽい演出も多くて結構ドキドキさせてもらいました。
ラストはちゃんと綺麗に着地してくれたので、不満は残るものの、スッキリとした後味。結構文句書いちゃいましたけど、めちゃくちゃ泣きました。

でもなんかパッとしないんですよね。
ジブリはこんな「いい映画」風な作品よりも、狂気に満ちた「ポニョ」とかのほうがずっと面白いのは確かだと思います。

Azumi Miyaji
Azumi Miyajiのプロフィール画像
グラフィックデザイナ

『思い出のマーニー』のカラーレビュー

  • 7
  • 7
  • 6
  • 6
  • 5
  • 3
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

I have a bad feeling about this.

  銀河を股にかけた壮大なスペースオペラを展開する正史とは...

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...