天使の分け前

2013年4月13日
天使の分け前のポスター
8

どんな映画

まだ投稿がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリークレビュー
8

この「一本」にあずかれる幸せ。

このレビューにはネタバレが含まれています。

名匠ケン・ローチは、今回も社会の底辺を見つめる。主人公ロビー(ポール・ブラニガン)を取り巻く状況は極めてハードだ。間もなく父親になるという訴えで収監を免れるが、後は無い。真人間に戻ろうにも、周囲には自分を狙う不良ども。そして何より彼女の親父が酷い。しかし視点を変えてみると、ああまでして彼と娘を引き離そうとするのは、ロビーを含めた不良どもに社会的な未来が何も無いことの証左なのだ。

しかも物語は、ロビーのつらい立場と同様に、ロビー自身の過去の悪行をも描き出す。映画は、状況と彼ら自身双方にフェアであろうとする。救いのない社会も酷いが、悪行に流される若者どもも悪い。不良どもとロクデナシばかりの貧しい社会を手際よく描くことが、迫真性とスリルを上げ、物語の起伏をより豊かにするのだ。「醜さ」「辛さ」を水際まで描き出す、演出と脚本の手際が見事。

しかし、社会奉仕の監督ハリー(ジョン・ヘンショウ)がシングルモルトの蒸留所にロビーらを連れて行った時からロビーの人生に光がさす。ハリーだって何もかもをロビーに与えられるほどの人物ではない。しかしほんの一杯が、ほんの少しの語らいが、希望への第一歩になりえる。真摯に生きれば誰かが見ている。そう思わせるのも映画の仕事。社会問題をウィスキーという道具に包み、成長ドラマに昇華させる。熟練の業は、商業にまみれた我が国の映画観をはるかに超える。

「天使の分け前」は蒸留したモルトが熟成される何年かの間に、少しずつ減っていくことを指す。この「少し減る」というのが鍵。ラストで人生を勝ち取ったロビーが去るのを見送り、仲間たちが選択する未来も面白い。ロビーはもちろんのこと、彼らは、そしてあなたは誰かの天使になれるだろうか?

どちらかといえば醸造酒のほうが得意だったが、ウィスキーも愉しんでみようか。素直にそう思わせる、一本の幸せ。こういうときは、ストレートがいい。

Daisuke O-oka
Daisuke O-okaのプロフィール画像
VTRディレクター
8

「リセットではないスタート」の創出。

「人生、やり直したい」。
そんな逃げ出せない状況で、人が選びやすいのは逃避、諦め…。
しかも、それが「あるべき決断」とみなされることもある。

「あ~ぁ、リセットしてぇ」。
それまでの自分を切り捨てなければ先に進めないことがデフォルト。
この映画は、「そうじゃないかもよ」と優しく肩を叩いてくれる。

主人公のロビーも、意識を変えただけでは、自分の未来を変えることができないと「あるべき決断」をしそうになる。
そんな彼を、「こっち、こっち」と導く天使がいてくれる…。
社会の底辺に生きてきて、自分には何の技術も才能もないと思っていたロビー。
彼の隠れた才能や機転が思わぬ形で発揮され、それを友人たちが無意識にサポートしているという展開が、実に映画的!
この「無意識のサポート」が、最高におもしろい。
なかでも、アルバート。
モナ・リザが誰かさえ知らないトラブル・メイカーの彼が、その都度絶妙なパスをロビーに送るというミラクル!
彼もまた、天使のひとりなのだ。

過去を否定することなく前へ進む気持ちよさは、得難くも素晴らしいことだと、笑いとともに教えてくれる秀作。

ウィスキーが醸造する過程で、毎年2%蒸発していく分を意味する「天使の分け前」。
その分け前が、天使に届けられるシーンは、今思い出しても泣けてくる。

ここまで捻らずして響くタイトルは、久々だな。

茅野 布美恵
茅野 布美恵のプロフィール画像
会社員

『天使の分け前』のカラーレビュー

  • 8
  • 8
  • 8
  • 8
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんな作品もレビューされてます

クレイジー・リッチ!のポスター

“あなた”の人生の物語

  “あり得ないほどお金持ち”の彼氏と、母子家庭の庶民派ヒロ...

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのポスター

脱・ひとりぼっちの青春

  ひとは生まれながらに平等である……わけもない。それゆえ、...

運命は踊るのポスター

この道は・・・

  すがっては裏切られてきた神は信じないけれど、運命は心の...