ワイルド・スピード EURO MISSION

2013年07月06日公開
ワイルド・スピード EURO MISSIONのポスター
7.3

どんな映画

「ワイルド・スピード」シリーズのひとつの集大成とも言えるぐらいエンターテイメント性が高かった。バランス良し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリークレビュー
7

カーアクション最高

 このシリーズは、お話が普通の犯罪サスペンスで車はただの小道具に過ぎず物語とあんまり噛みあってないと思っていたのだが、いつの間にかストーリーの偏差値があがっていて驚いた。

 そんな調子なので前作なんか見なくても大丈夫だろうと高をくくっていたら、がっちり続編だったので人間関係など理解できないところもあったのだが、画面が派手なので充分楽しかった。筋肉、車、銃、女と男が欲しいものが全部出てくる感じだった。特にカーアクションが最高で、おそらく世界最高峰だろう。ガンガンふかしてギアチェンジしてミッション車を走らせたくなる。

 いつ見てもヴィンディーゼルは目が優しくて、いい人なんだろうなと思わされる。本当はすごい極悪人の詐欺師の役をやったらいいと思う。

古泉 智浩
古泉 智浩のプロフィール画像
マンガ家

『ワイルド・スピード EURO MISSION』のカラーレビュー

  • 9
  • 9
  • 9
  • 7
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

みんなのメモ

Koshun Az

「ワイルド・スピード」シリーズのひとつの集大成とも言えるぐらいエンターテイメント性が高かった。バランス良し。