ヘルプ 心がつなぐストーリー

2012年03月31日公開
ヘルプ 心がつなぐストーリーのポスター
8.3

どんな映画

まだ投稿がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリークレビュー
10

笑って泣いて、心洗われる、本当にいい映画

2時間26分の長尺をまったく感じさせないストーリーテリングのうまさ、観客の感情移入を計算したツボを心得た演出に舌を巻く。スピルバーグの映画を観ているようなベテラン芸。

また、これは年に数本ある、隅から隅までキャストが素晴らしい映画の1本。オスカー候補の3人はもちろん、憎まれ役のブライス・ダラス・ハワードから子役にいたるまでみんな完璧。監督のテイト・テイラーがオスカー候補から漏れたのは惜しまれる。

芳賀 健
芳賀 健のプロフィール画像
映画ライター・編集
6

ファンシーな装いが魅力だが、テーマの重さを凌駕している

黒人差別がテーマだから『ミシシッピー・バーニング』みたいなハードな映画じゃないとダメだと言うつもりはない。現代の観客に受け入れられるように、シリアスなテーマをライトな飲み口に仕上げた戦略は成功しているし、女優陣の演技も魅力的だ。

でも、この物語が語ろうとしている差別や偏見の空恐ろしさって、ライトな飲み口の後から、もっと戦慄を持って匂い立ってくるべきだったのでは? そんな不満を抱えて、絶賛の声にいささか違和感を感じている。

重箱の隅かも知れないが、例えばスキーターは、黒人メイドの本音を取材することや、取材対象に及ぶリスクについて無自覚過ぎ。自分が育ったコミュニティの価値観は知っているはずなのに、このナイーブさはジャーナリスト志望として失格。しかもその甘さに足を掬われることもない。

最初に口を開いたエイビリーンに呼応して、大勢の黒人メイドたちがスキーターのもとに集まってくる展開も軽い。一歩間違えば生活のすべてを失い、殺されかねない危険が、女たちの勇気という手近な爽快さに霞んでしまう。

ファンシーな装いはこの映画の武器であるからして、そういうことには目をつぶるべきなのかも知れない。けれど自分がこの映画からある種の凄みを感じたエピソードは、本を書くというスキーターの決意を前に、恋人が潮が引くように遠ざかっていくくだりぐらいだった。

要するに、作り手がほぼ現代の価値観から物語を綴っていて、揺るぎない「正しさ」に準拠しているのが物足りないのだ。清濁あわせ呑み、歴史をぐわしとつかみ取る覚悟が感じられない。いや、単に自分のバランス感覚と合わないだけなのかも知れず、原作は未読なので、今度その辺に注目して読んでみたい。

オスカーを獲ったオクタビア・スペンサーの腹が座りきった存在感は流石。ただしブライス・ダラス・ハワードの絶妙なヒール演技も、同等以上に評価されてしかるべきだと思う。

村山 章
村山 章のプロフィール画像
映画ライター
10

レビュー不能

ひさびさに感想もかけないほど最高な映画。
この映画の前では私のレビューなどなんの参考にもなりませんので、みなさんが今することはお近くの劇場に出かけて次の回を見ることだけです。

『ジョン・カーター』で『ある日どこかで』を引き合いに出すほど引用好きなこの私がなにも連想しなかった。
むしろこの映画が今後あらゆる局面で引用されることになる、つまりはそういうことです。



追記:会話劇なら石田泰子という方向け、信頼の石田字幕映画でもあります。

田中 啓一
田中 啓一のプロフィール画像
娘と添い寝
8

黒人メイドかわいそう

 誰をも全面的に支持できないように描かれていてとてもいい映画だなーと思ったんだけど、一番意地悪なおばさんだけは完全な悪者なのでどうぞ憎んでくださいとなっていたのが気になった。しかし、それこそが差別の芽として我々の心に存在するものなのだと仕掛けているように思った。太ったメイドのおばさんも、いちいち態度が偉そうで彼女が夫にDVを受けるのもあまり気の毒に思えないし、そんなように意図的に描いているのだろう。

 差別には勇気をもって立ち向かおうという姿勢はとてもよく伝わったが、差別する側がどうすれば差別する気持ちを克服すればいいのか示して欲しかった。「自分だってされたら嫌な事は人にはするな」でいいのかもしれないが、それ以外で特効薬のような方法をぜひ教えて欲しい。

 

古泉 智浩
古泉 智浩のプロフィール画像
マンガ家

『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のカラーレビュー

  • 10
  • 10
  • 10
  • 9
  • 9
  • 8
  • 8
  • 8
  • 6
  • 5
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんな作品もレビューされてます

鈴木家の嘘のポスター

こちらも分厚いお礼をしたくなった。

 ひろしおじさんの、ほほほで嘘に色をつけ、はははで陰鬱な空...

生きてるだけで、愛。のポスター

〔上手〕よりも〔まとも〕がいい。

 上手に生きていて仕事もできて美人の元カノよりも、 まとも...